呉市・江田島市を中心に、お墓や石材のお仕事をさせていただいております、増木石材店の増木です。呉市上平原町に建立した、インド内垣のお墓をご紹介します。

 

呉市上平原町の墓地 墓石建立 インド内垣(青御影石)

 

当店から車で5分ほどの、上平原町の墓地にお墓を建てたいというお客様がご来店くださいました。お話を伺い、ご一緒に現地の確認に向かいました。

お墓については、オーソドックスな和型のお墓をご希望でした。石種については、いくつか候補をご提案した中から、品質・ご予算などを考慮して、インド内垣と呼ばれる青御影石をお選びいただきました。福岡県産の内垣石によく似た、目の細かい品質の良い石です。

 

工事が始まっています。お墓の本体を据え付けまで進みました。いずれお墓を建てるからということで、お客様の方で巻き石まで作成されていました。

 

お墓を据えた後、砂利下用の黒い防草シートを貼りました。この上に砂利を敷いて仕上げますが、草が生えないお参りのしやすいお墓にすることができる、手軽な防草対策です。

 

隅々まできれいにシートを貼ります。隙間から草が生えてくることのないように、特に角の部分は注意して、隙間なく貼っていきます。

 

きれいに防草シートを敷いたあと、拝石を設置して、砂利石を入れて完成です!

 

特徴的で力強いこの正面文字は、実はお施主様が書かれたものです! 隷書体(れいしょたい)で書かれています。書道家でいらっしゃって、 サイズを指定した紙に何通りか書いていただいたもののうちの一つを彫刻にしました。一文字一文字、筆圧や筆運びなども再現できるように心を込めて彫刻しました。

 

上台のご家名です。こちらもお施主様の書かれたものを彫刻しました。お墓の背面の建立者の方のお名前等も書いていただいたので、全体に統一感もあり、とても素晴らしい仕上がりです。

 

香立ては、風が吹いても火が消えることのない、笠つき・扉付きです。細部も細かい加工を施して、墓石との統一感もある高級な作りです。その手前には拝石を設置しました。しゃがんでお参りする際にちょうど良い位置です。すべり止め加工をしていますので、雨の日などもすべりにくく安心です。

周りに敷いた砂利は那智黒です。今回は、目の細かい質の良い墓石や、お施主様の書かれた文字の雰囲気にも合うような、通常よりランクの高い、青味も強くてきれいな丸みの那智黒を使用しました。お墓全体をより上質な印象にしてくれています。

 

お施主様には大変喜んでいただけました。文字のすばらしさに、「いい字ですね~」とお伝えすると、ご本人は「まだまだ未熟者だなあ」とご謙遜されていましたが、やっぱりとても素晴らしい仕上がりですね。ご自分で書かれた文字を彫刻した、唯一無二のお墓ですから、お喜びもひとしおだったのではないでしょうか。

文字をご自分で書かれる方はなかなかいらっしゃいませんが、とても素晴らしいお墓になり、印象に残るお仕事になりました。ご自分だけでなく、子どもさんやお孫さんなど、もし文字を書かれる方がいらっしゃったら、書いてみてはいかがでしょうか?「これはおじいちゃんが書いた字なんだよ」なんて素敵なことですし、一部をご自分で作ることでお墓への愛着や思い入れがいっそう強くなり、ご家族皆様にとってもお墓がより大切な存在になると思いますので、当店では大歓迎です!^^ 喜んでお手伝いさせていただきますので、気になる方はぜひお声かけください。