呉市・江田島市を中心に、お墓や石材のお仕事をさせていただいております、増木石材店の増木です。呉市畝原町にて、お墓の納骨室扉を作り替えましたのでご紹介いたします。

 

納骨扉作り替え 呉市畝原町の墓地

 

呉市畝原町の墓地にお墓をお持ちの方から、納骨室の扉が壊れたので修理してほしいというご相談をいただきました。このあたりではよくいただくご相談のひとつです。ご来店くださったのでお話を伺い、のちほどお墓を見に行かせていただきました。

 

こちらがご相談いただいたお墓です。昭和の初め頃に建てられたお墓でした。この頃から昭和40年・50年ごろまで、呉市で建てられたお墓には同じようなタイプのお墓がたくさんあり、同じように扉が壊れたというご相談は多くいただきます。

 

確認してみると、扉の一部が割れてしまっていました。この扉は、右側の上下に鉄の芯棒を通していて、それを中心に扉が開く構造になっています。よく見るのは、この芯棒が錆びて朽ちてきて、扉がうまく開かなくなってしまうケースです。今回も同じように、鉄の芯棒が朽ちて外れてしまっているのがわかります。扉の割れの原因はわかりませんでしたが、この状態ではご納骨も難しい状態です。

 

お客様のご了承のもと扉を開けてみると、このような状態でした。鉄の芯棒が入っていないので、扉が倒れてきそうです。中のご遺骨は問題ありませんでしたが、危険な状態に変わりありません。

この状態では修理も難しいので、取り外して新しいものと交換することをご提案しました。ご了承いただいて、交換をお任せいただくことになりました。

 

古い扉を取り外して、新しく製作した扉を設置して完成です!

 

中央から両側に開く観音扉です。採寸してぴったりのサイズで工場で作り、完成したものを現地に持ち込んではめ込んだ、完全オーダーメイドの扉です。片側に開く以前のような扉より、2枚の扉が両側に開く観音扉の方が耐久性もあります。

 

開くときは、このようにステンレスのかんぬきを外します。鍵を閉めることもできますので、防犯上も安心ですし、強い風で開いてしまったりすることもありません。これで安全にご納骨いただけるようになりました。

 

完成したお墓には、お客様にも安心していただけました。無事にご納骨も済まされたそうです。どうぞこれからも安心してお参りください。

呉市内では、「納骨室の扉が壊れてしまった」「壊れてはいないけれど開けにくい」など、今回と同じようなご相談は年に何度かはいただくご相談の一つです。同じようなお悩みをお持ちでも、「どうしたらよいかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? もちろん、建てられてから時間の経ったお墓ですから、これを機にお墓のリフォームを検討されるケースもあると思いますが、実は大がかりなリフォームではなくても、今回のように扉を作り変えるだけでもずいぶん安心してお参りいただけるようになります。採寸して工場で作成した扉を古いものと取り換えるだけなので、交換もスムーズで短時間で済みます。ご心配な方は、ぜひお気軽にご相談ください!

呉市でのお墓工事に関する記事

●呉市大崎下島から安浦町へお墓のお引越し。難所の墓地も様々な方法を駆使して安全に作業
●呉市営鹿田墓地にて、お墓のリフォームとクリーニング。限られたスペースに工夫して墓誌を設置、スッキリした管理しやすいお墓へ
●呉市江原町にて、古いお墓をおまとめし、今後も安全にお参りいただけるお墓へリフォーム。お墓の新設や囲いの設置など
●呉市西谷町にて、愛媛県産大島石の大名墓をクリーニングしました。雑草除去やコンクリートの補修等ですっきりと
●既存のお墓を活かして、納骨室の作成とお墓のクリーニング・墓誌の設置などのリフォームを行いました。呉市阿賀北のお寺様墓地にて
●呉市上山田の墓地にて、先祖代々のお墓をご両家のお墓としてリフォーム。墓石を磨き直して新品同様に、安全でお参りしやすいお墓へ
●愛媛県産大島石特級のお墓を建てさせていただきました。採石地大島で厳選、上品で美しい仕上がり