呉市・江田島市を中心に、お墓や石材のお仕事をさせていただいております、増木石材店の増木です。呉市江原町にて、お墓のリフォームをさせていただきましたので、ご紹介します!

 

呉市江原町の墓地(リフォーム・建墓)

 

呉市江原町にお墓をお持ちのお客様が、お墓のリフォームをご希望でご来店くださいました。ご希望としては、これからご自分達が入るお墓を作りたいということと、たくさんあるご先祖様のお墓をまとめたいということでした。

 

こちらがお客様のお墓です。広い敷地にたくさんのお墓が建っています。中には江戸時代からのものもありました。

 

こういった石垣の上に敷地があり、横には階段があります。かなり高い場所にあるお墓です。敷地いっぱいにお墓が建っているので、確かにこのままでは新しいお墓を建てるスペースがありません。

 

敷地の端、お墓の前方や左右には、石垣の上に柵などもありません。お参りの際には危険も伴いますので、囲いを設けたいともご希望でした。

お客様とのお話しの結果今回は、これからご納骨をしていく新しいお墓を建立し、既存のお墓の中で一番新しいお墓を残して移設、古いご先祖様のお墓はひとつにまとめることになりました。加えて、ご希望の敷地の囲いを新しく作ります。

 

お客様にご提案した図面です。新しく建てるお墓と移設するお墓、新たに設置する囲いについて、それぞれの細かな寸法や角部材の寸法等を明記しています。囲いの部分については、石の場合とブロックの場合両方でお見積もり等も作成してお選びいただきました。

 

カラー図面では、実際の完成の様子を見ていただきます。今回は、確認したところ石垣部分は強度的にも問題ありませんでしたので、石垣部分はそのまま残してその上に囲いを設置することになりました。費用面でも抑えて施工することができます。お客様にご了承いただいたら工事に入ります。

まずは、下の石垣はそのままに、敷地内のお墓をすべて取り外して更地にします。古いお墓は工場へ持ち帰りました。囲いの玉垣を据え付けたら、コンクリートを前面に打って基礎工事を行います。その後、既存のお墓と古いご先祖様のお墓、新しいお墓の据え付けを行って工事が完了しました。

 

完成です!

 

左が今回新しくお作りしたお墓です。中央が既存のお墓で、ご先祖様のご遺骨はすべてこちらにお納めしました。右手には霊碑を設置しています。

 

新設したお墓です。インド産エルサブルーという石を使用しました。角布団付きの伝統的な和型墓石です。呉市ではスタンダードな形で、展示品の中で気に入っていただけたものです。ご先祖様のお墓と同じように、正面には「倶会一処」と入れています。よくお願いしている書家の方に書いてもらいました。上台にはご家名を、供物台には家紋をお入れしています。お客様のご希望で、蝋燭立てとお線香立て・机の3点セットを、こちらのお墓と中央の既存のお墓両方にお付けしています。

 

石垣の上の囲いはこのような形で設置しました。敷地の境も分かりやすくなり、より安全にお参りいただけるようになりました。

 

古いお墓の棹石のひとつを霊碑の横にこのように設置し、長い歴史のあるお墓の一部をこのような形で残すことができました。こちらにも専用のお花立てを設置しています。

 

階段側のこちらが正面入り口になります。一番上の一段は石で作り、滑り止めを施しました。少しでも安全にお参りいただけるように工夫しています。

 

お墓の後方には、勝手口のような小さな入り口も設けました。お参りの際は階段を下って来られるということですので、こちらにも入り口がある方がより便利ですね。

お客様はずっと以前から「お墓をきれいにしたい」と思われていたそうで、今回念願叶って無事にリフォームを終えることができたということで、大変喜んでいただけました。お話しをする中でも、長くお参りをされてきたお墓への思いがとても強く感じられ、明確なご希望もお持ちでしたので、できる限りご希望を叶えられるように丁寧にお話しを伺って、的確なご提案を差し上げるように努めました。ご希望に沿ったお墓に仕上がっておりましたら何よりうれしく思います。

このたびは、大切なお墓のリフォームを当店へお任せいただきまして、ありがとうございました。お困りのことなどございましたら、今後はお気軽にお声かけいただけますとうれしいです^^