呉市・江田島市を中心に、お墓や石材のお仕事をさせていただいております、増木石材店の増木です。呉市上山田の墓地にて、先祖代々のお墓をご両家のお墓としてリフォームさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

呉市上山田 個人様墓地 リフォーム

 

呉市上山田の個人様の墓地にお墓をお持ちのお客様からご相談いただきました。ご親戚の方のお墓を建てさせていただいたご縁で、当店へお越しくださったようです。ご実家のご先祖様からのお墓なのですが、今はご結婚されてご苗字も変わっているので、両家のお墓としてリフォームしたいというお話しでした。

 

ご一緒にお墓を見に行かせていただきました。こちらが、奥様のご実家の代々のお墓です。このお墓をご両家のお墓にしたいというお話しでしたが、納骨するスペースが狭いので、今後受け継いでいくにあたって広くしたいということもご希望でした。また、墓誌を新たに作ってご納骨された方のお名前を彫刻できるようにしたいということでした。

 

それに加えて、お墓の汚れや、墓所に草が生えてくることも気になっておられました。そうしたお悩みやご希望を解決するご提案をして、お見積もりを差し上げてご依頼をいただくことができました。

 

工事が始まっています。まずはお墓を一度取り外してから、基礎を施工します。今回は、もともとあったコンクリートを切って、そこへ木枠を組んで基礎を施工しています。古いコンクリートの草が生えてきた箇所はひび割れて強度が弱くなっていたので、一度きれいに取り除いてしまった方が、強度面でも安心だと判断しました。

 

施工した基礎コンクリートの上に四ツ石を据えました。以前のお墓に比べて、ご遺骨を納めるスペースがかなり広くなりました。石がずれたり開いたりするのを防ぐため、コーナーの部分は金具でしっかり留めています。

 

お墓手前のコンクリート部分です。お参りする際に後方になるところですが、角度がとても急で危なかったので、コンクリートを足してなだらかに安全になるよう、サービスで補修させていただきました。

 

今回はクレーン車が入れないところでしたので、「三太郎くん」という専用の三脚を使用して据え付けを行いました。写真は上台を据え付けています。

 

その後、棹石や墓誌を据えて完成しました!

 

もともとのお墓は、愛媛県産大島石のお墓です。お墓を一旦工場へ持ち帰って全体に磨き直しを行ったので、まるで新しいお墓のようにきれいになりました! 今回新しくお作りした部分とも見分けがつかないほどです。上台にはご両家の家紋と家名を彫刻して、ご両家のお墓として受け継いでいっていただけるようになりました。

花立ては磨きなおして設置し、お線香立ては古くなっていたので同じような形で新しく作りました。棹石の文字の色も入れ直しています。新しくお作りした部分は同じような色合いの石を使用しました。

 

お墓の横にはご希望だった墓誌も新しく設置しました。お墓周りの草が生えていたコンクリート部分や、手前の急角度だったところもきれいで安全になりました。入り口の階段へもスムーズに移動できます。

 

墓所からは、呉市を一望することができました。呉市街の向こうに呉湾や島々が見え、まさに絶景でした!

 

お客様は、「きれいになったね!」とびっくりして喜んでいただけました。ご両家のお墓として継いでいくのに支障のないお墓になって、後々のことも考えると安心されたのではないでしょうか。

近年、今回のようなかたちでご両家のお墓としてリフォームされるケースは増えています。昔は「一家にひとつのお墓」というのが一般的でしたが、これからこういった皆様で入るお墓が増えていくのも、これまで大切にしてきたお墓を今後も守っていくことができると考えると、とても良いことだと思います。
このたびはお声かけいただいてありがとうございました。これからも大切に、皆様でお参りいただけるとうれしく思います。