呉市・江田島市を中心に、お墓や石材のお仕事をさせていただいております、増木石材店の増木です。呉市辰川町にて、難所の墓地からのお墓の引っ越しをさせていただきましたので、ご紹介します!

 

呉市辰川町 お墓の引っ越し 須佐石12寸(1尺2寸)のお墓

 

以前からお世話になっているお客様から、お墓の引っ越しをご相談いただきました。山の上の方にあるお墓を、お参りしやすい場所に移したいというご相談でした。まずは現場の確認に伺いました。

 

こちらはお墓への入り口です。この階段を奥へとずっと登っていきます。

 

一応階段はありますが、ほとんど登山のような道が続きます^^;

 

階段の先、100mくらい上ったところにやっとお墓がありました! お参りに行かれるだけでも大変です。実際、お客様がお墓に行こうとして足を滑らせて少しけがをしてしまい、「この先、もうお参りに行けなくなるかもしれない・・・」と心配になったことが移設を決めるきっかけになったそうです。

移設する先の墓地も確認し、工事が始まります。今回の工事の一番の問題は、大きく重量のあるお墓を、どうやって安全に移設するかということでした。今回のお墓は、サイズでいうと12寸(1尺2寸)の大きく立派なお墓で、中でも一番大きい部材、中台はなんと約1トンありました^^; しかも、お墓のある場所までクレーンなどの大きな機械を入れることもできません。同業の石屋さんにも相談したりしたのですが、結局これといって良い方法が見つからず、これまでの経験や技術から様々な方法を考えて、最終的な工事方法を決めました。

 

工事が始まりました。まずは、足場を組んでいます。階段はついているものの、狭くて機械を入れることができないので、足場の上に板を敷いて、その上に石を乗せて滑らせて運びます。工事現場などで使われているのと同じ、単管パイプで足場を組みました。一番重いもので1トンありますので、十分な強度が必要です。

 

足場の準備が終わると、次はお墓を取り外していきます。足場の上に板を敷いて準備しています。

 

上から見るとこの角度です! ここまでお参りに来られるのもとても大変だったでしょうね。

 

お墓を解体しています。三脚を使って人力で吊り上げて取り外します。

 

一番大きな中台を運び出しています。石を毛布などで養生してベルトを取り付けました。ベルトの先はワイヤ―になっていて、それが上と下につながっており、上を緩ませながら下を引っ張っていきます。こうすると加速して滑っていってしまうことはありません。この状態で数センチずつ滑らせていきます。

 

ベルトの先はこんな感じです。ワイヤーでしっかり固定して、安全に進めます。まっすぐの道ではないので、要所要所で調整しながら進めていきます。途中カーブしていたので、一旦そこへ留めておいて、その中継地点からさらにワイヤーを組み替えて下ろしていきました。

 

中継地点の先も、さらに難所が続きます。ワイヤーで釣っているので滑り落ちることはありませんが、慎重に手を添えて微調整しながら進めます。

 

クレーンが入れる場所まで下ろしてきたら、吊り上げて搬出です。すべて下ろすのに、2日がかりで行いました。お墓は一旦工場へ持ち帰り、クリーニングや文字色の入れ直しなどのメンテナンスを行います。

 

移設先の墓地です。物置を撤去して、そこへお墓を設置することになりました。

 

いよいよお墓の工事が始まりました! まずは、お墓の敷地を整える工事から開始です。

 

整地をして、土止めのブロックを設置しました。

 

お墓の後方は、ブロックが斜めになっています。こうすることで、土止めの強度を上げています。

 

基礎工事が始まりました。木枠を組んで、内部に鉄筋を組みました。穴の中にあるのは鉄の杭です。少し地盤が弱いところでしたので、深いところにある硬い地盤まで杭を打ち込んで補強しました。

 

コンクリートを流し込んでいきます。バイブレーターで内部の空気を抜きながら流し込み、より強度を上げます。赤と白のものは、コンクリートの高さの目印です。

 

完成した基礎の上にお墓を設置して、移設工事が完了です!

お墓本体と墓誌、香炉すべてを移設してきました。クリーニングでお墓もきれいになり、文字色も入れ直してスッキリとしています。

 

後方の土止めもきれいな仕上がりです。お墓の一番下は、コンクリートできれいに固めています。見た目も良く、石の開き防止も兼ねています。足元も歩きやすくなっています。

お客様には大変喜んでいただけました。長い間、お墓を山の上から下ろそうと考えておられたそうで、「これからはお参りも楽になります」とホッとされたご様子でした。実は、お隣のお墓もお客様が守られている代々のお墓で、今回移設されたのはお母様方のお家のお墓でした。安全にお参りいただけるようになっただけでなく、二つのお墓がお隣同士になったので一緒にお参りすることができるようになり、お参りがずいぶん楽になったのではないでしょうか。

今回は、機械の入れない難所でのお墓の移設工事でした。こうした場所での工事は、当店ではたびたびお任せいただくことがあり、以前にブログでご紹介させていただいたこともあります。ただ、その中でも今回は1,2を争うくらいの難易度で、これまでの経験や技術をフル活用しての工事でした。無事に終えることができ、本当にホッとしています^^とても大変でしたが、「またできることが増えたなあ」と自信にもなりました!

呉市内には、機械が入れないような立地の墓地はたくさんありますが、当店では毎回知恵を絞って、経験や技術を駆使して工事を行っています。移設をお考えの方は、どうぞ安心してご相談ください。

 

呉市でのお墓工事に関する記事

●呉市大崎下島から安浦町へお墓のお引越し。難所の墓地も様々な方法を駆使して安全に作業
●呉市江原町にて、古いお墓をおまとめし、今後も安全にお参りいただけるお墓へリフォーム。お墓の新設や囲いの設置など
●既存のお墓を活かして、納骨室の作成とお墓のクリーニング・墓誌の設置などのリフォームを行いました。呉市阿賀北のお寺様墓地にて
●呉市上山田の墓地にて、先祖代々のお墓をご両家のお墓としてリフォーム。墓石を磨き直して新品同様に、安全でお参りしやすいお墓へ
●呉市阿賀北の個人様墓地にて、100年以上前に建てられたお墓のクリーニングと、納骨室の作成。細部までご要望にお応えしたリフォーム